北海道モビリティデザイン研究会は、NPO法人、有識者、行政、自転車関連団体などからなる「札幌都心部自転車対策連絡協議会」を組織し、国土交通省道路局における社会実験制度の支援を受けて、自転車が安全に車道を走行する方策について調査・検討することとしました。   実験結果はこちら

札幌都心部自転車対策連絡協議会では、自転車利用ルールを自転車利用者と自動車等のドライバーに明確にし、「歩道における歩行者」と「車道における自転車」の安全性の向上を目的とした社会実験を下記のとおり実施します。

  • (1)実験名称
  • 札幌都心部における都市型積雪寒冷地の自転車走行空間の実証実験
  • (2)実験主体
  • 札幌都心部自転車対策連絡協議会(構成メンバーは「協議会」を参照願います)
  • (3)実験期間
  • 平成24年10月1日(月)~平成24年10月31日(水)
  • (4)実験区間
  • 一般国道230号 北一条通 L=約550m
  • (5)実験内容
    • 車道路肩(冬期堆雪帯)を活用した「自転車走行指導帯」設置
    • 左折車両による自転車巻き込み防止に関する検討
    • ランブルストリップス※の設置による接触事故防止

※ランブルストリップスとは、舗装路面にカマボコ状の凹型を連続して配置することにより、その上を通過する車両に対し振動や音を発生させ、ドライバーに車線を逸脱したことを警告する交通事故対策です。

10/1に実験が開始されました。
以下のとおり、実験初日よりブルーレーンが利用されています。   実験結果はこちら