北1条通における自転車走行空間の社会実験の実施にあたり、自転車の車道走行を支援する総合的な施策の実施を予定しております。 この総合的な施策には、車道の走行空間を整備するだけではなく、走行ルールやマナーを守り安全に、安心して自転車に走行していただく事、歩行者の皆様に対しては安全な歩行空間を創出する事も含まれます。
北1条通の走行空間社会実験ではこれらの目的の実現の一つとして、「地域の多様な主体」との連携を行う事により、実験の周知や自転車の走行ルールの啓発に取り組みます。

連携の内容

1.ポロクルとの連携

札幌都心部で展開されている自転車共同利用サービス「ポロクル」との連携です。
この連携は、日常自転車の利用率が高く、都心部での自転車の走行になれたユーザの方々に対して、車道走行意識の更なる向上や、ポロクルの運営活動の中でポロクル運営スタッフが当該区間を利用し、模範として車道走行を実践し周囲に走行方法をお伝えする事による啓発効果を期待し実施致します。
また、社会実験の区間である北1条通にサイクルポートを設置し、周辺企業や店舗の協力を得て日常的にお勤めの方の通勤や業務において正しい走行ルールを実践していただく事や、サイクルポートへの実験の啓発広告を掲出することで、多くの方に実験や走行ルールの周知を図る連携を実施致します。
 ポロクルHPはこちら 

■予定するポロクルとの連携メニュー

連携テーマ 連携メニュー 概要
知っていただく 事前周知イベント

※終了
地下歩行空間(9月下旬)において事前周知のブースを設置し社会実験についても多くの方にお伝えします。
ポロクルの登録キャンペーンを実施するとともに、正しいポロクルの利用方法について発信を行います。
社会実験開始イベント(10/1)

※終了
地下歩行空間において、実験やポロクルの概要について発信を行う事を目的としたイベントを実施いたします。また、北1条通にて、ポロクルを運営するスタッフによるデモ走行を実施し、ブルーレーンの走行方法についての発信を行います。
ポロクルユーザーへの発信 社会実験の告知や啓発を目的としたポロクルユーザーへの発信を行います。また、ポロクルのウェブページにおいて情報発信も行います。
ポートでの啓発 サイクルポートに実験や自転車の利用方法などのルール啓発に関する広告を設置します。
実践していただく 企業への協力依頼 北1条通を利用するポロクル法人会員の皆様に実験への協力を呼びかける車道走行を率先的な行動の協力をお願いします。
ポロクルスタッフによる率先行動 皆様に実験区間を走行するように促すため、日常的に車道の左側走行を行うポロクルのスタッフが、率先して実験区間を走行します。

2.地域との連携

社会実験では、多くの方に実験のご理解とご協力をお願いしています。
実験対象の区間である北1条通沿線の地域と連携し、北1条通オフィス町内会を通じた周辺企業への実験の周知のお願いやベロタクシーへの社会実験の周知広告の掲出、新聞、テレビ、ラジオなどの報道機関へプレスリリースを通じた報道の協力のお願いなど地域との連携を推進しています。