景観設計
 優れた景観は地域の魅力を高め、人の心を豊かにし、文化の形成に貢献します。ヨーロッパの国々がそうであるように、人々の生活に不可欠な道路や河川などの社会資本は、地域の歴史・文化と生態系に配慮しながら、使いやすく、安全で、美しくあるべきです。
 当社では、地域の個性ある景観の成り立ちをしっかり理解した上で、様々な分野の専門技術者が連携しながら、魅力ある景観づくりに取り組んでいます。

業務内容

景観設計

事例

平成28年度
沙流川総合開発事業の内平取ダム管理設備景観検討業務 北海道開発局
平成27年度
内堀通りシンボルロード整備事業詳細設計 東京都建設局
平成23~27年度
晴海通りシンボルロード整備事業基本設計、詳細設計 東京都建設局
平成26~27年度
(負)高速横浜環状北西線北八朔換気所実施設計、(負)高速横浜環状北西線東方換気所実施設計、(高負)高速横浜環状北西線換気所協議用資料作成(北八朔換気所・東方換気所 景観デザイン検討) 首都高速道路株式会社
平成25年度
夕張シューパロダム本体付属設備設計外業務 北海道開発局
平成24年度
荒屋舗地区橋梁詳細設計業務(相馬・相馬西道路景観設計) 東北地方整備局
平成23年度
東の里地区樋門実施設計業務(千歳川遊水地管理施設色彩ガイドライン策定) 北海道開発局
平成22~23年度
高速横浜環状北線デザイン検討 首都高速道路株式会社
平成23年度
電線・電柱類の景観への影響に関する調査業務 国立研究開発法人土木研究所寒地土木研究所
平成22年度
(仮称)南6条通横断橋実施設計委託 北海道旭川市
平成21年度
象潟金浦道路景観検討業務 国土交通省東北地方整備局
平成20年度
阿武隈東道路景観検討業務 国土交通省東北地方整備局
平成18~19年度
日本風景街道に関わる検討業務 国土交通省関東地方整備局

表彰