ICT活用

地理空間情報の活用

100mメッシュ人口分布図

建設コンサルタント業務は、多くの地理空間情報(空間上の特定の地点または区域の位置を示す情報、およびそれに関連付けられた情報)に基づき、社会基盤整備における調査・計画・設計を行っています。当社では、GIS(Geographic Information System:地理情報システム)等を用い、各種地理空間情報を重ね合わせ分野横断的なソリューションを提案します。

CIM/BIMの取組み

新設ダム取水塔内の戸当りと点検台の取り合い

CIM(Construction Information Modeling/Management)/BIM(Building Information Modeling)とは、調査・設計段階から三次元モデルに属性情報を付加したCIM/BIMモデルを活用し、設計段階での様々な検討を可能とするとともに、施工、維持管理の各段階で連携・発展させることにより、一連の建設生産システムの効率化・高度化を図るものです。当社では、CIM/BIM導入における多様なニーズに応えるべく、各種技術(三次元CAD、VR、GIS等)の活用に取り組んでいます。

インフラマネジメントツールの開発

部材別健全度のシミュレーション結果

橋や道路などの社会インフラが、今後急速に老朽化・劣化するリスクが高まっています。当社では、社会インフラの中長期的な維持管理・更新に関わるコスト縮減や予算の平準化計画を検討するうえで、膨大な部材諸元データの劣化予測、維持補修費のシミュレーションツールを開発し、より効果的な検討を行っています。

ビッグデータの利活用に受けた取り組み

専用ボードを用いた並列演算処理

膨大なデータが生成・収集・蓄積される現代。建設コンサルタント業務においても、社会インフラに関わるビッグデータを、迅速に計算・処理することが望まれます。そのため当 社では、並列演算による解析プログラムの高速化や、解析結果の可視化における時空間データのアニメーション表示などの技術開発に取り組んでいます。

モバイルツールによる調査・点検業務の高速化

タブレットによるデータ入力・参照

防災点検や環境調査などの屋外調査において、スマートフォンやタブレットなどモバイル機器向けのGIS等を活用した効率的な現地調査とデータ管理を行っています。また、現地と本社間でリアルタイムにGISデータを送受信することにより、迅速な調査と情報共有が可能となるシステムの構築に取り組んでおり、社会基盤の安全確保や環境保全のためのコア技術としてこれからも本技術の活用を促進していきます。