交通情報設備設計
 道路の安全で円滑な交通を確保するためには、各種情報の収集・提供設備や安全設備が必要不可欠です。
 当社では、綿密な現地調査や3次元VR(Virtual Reality)等の先端技術の活用により、道路利用者の視線に立った道路標識配置や、最適なCCTVカメラ等の配置など、道路構造や交通状況に応じた最適な計画・設計を実施します。

業務内容

道路・トンネル照明設備、トンネル非常用設備、道路情報収集提供設備、道路保安設備(ロードヒーティング設備)、受変電及び配管設備(情報ボックス)、維持管理システム等の計画・設計

三次元VR画像の事例

道路情報提供設備

トンネル照明設備

事例

平成28年度
旭川紋別自動車道遠軽町丸瀬布瀬戸瀬電気設備修正設計業務 国土交通省北海道開発局
平成28年度
一般国道44号根室市根室道路情報施設施工計画検討業務 国土交通省北海道開発局
平成28年度
北見道路事務所管内道路情報機器整備検討業務 国土交通省北海道開発局
平成27年度
旭川紋別自動車道遠軽町丸瀬布瀬戸瀬電気設備修正設計業務 国土交通省北海道開発局
平成27年度
一般国道453号恵庭市配電線路設備外詳細設計業務 国土交通省北海道開発局
平成26年度
十勝管理ステーション外電気通信機器更新詳細設計業務 国土交通省北海道開発局
平成26年度
日高自動車道通信設備外改修詳細設計業務 国土交通省北海道開発局
平成25年度
旭川開発建設部管内高規格道路情報設備外詳細設計業務 国土交通省北海道開発局
平成25年度
函館道路事務所管内トンネル照明設備更新設計業務 国土交通省北海道開発局
平成25年度
日高自動車道新冠町道路附帯施設予備設計業務 国土交通省北海道開発局
平成24年度
旭川開発建設部管内情報通信システム改修検討外業務 国土交通省北海道開発局
平成24年度
函館江差自動車道電気通信施設設計業務 国土交通省北海道開発局
平成24年度
釧路開発建設部電気通信設備津波対策外検討業務 国土交通省北海道開発局